とらべと

旅から旅へ

シンガポール航空 787-10 搭乗レポ KIX-SIN SQ623

シンガポール航空 787-10!!

 

マリオットプラチナチャレンジの為に、インドネシアバンドンへの旅路に選んだシンガポール航空搭乗レポです。

travet.hatenablog.com

エコノミークラス 深夜便の搭乗レポ。

泣く子も黙る最新鋭機材。

いや、正しくは泣く子が黙った・・・。

ゲート前で泣き叫んでいた子供が機内ではいつの間にかシーーン。。スゲェよ787!! 

 

SQ623

関空23:25→シンガポールチャンギ空港 +1 5:05

 

バンドン行きにチョイスしたのは、シンガポール航空。

関空からシンガポール経由ジャカルタまで、往復46000円のプロモ価格で出ていたので即決。

関空からシンガポールは、787-10 。シンガポールからジャカルタは、A350。

最新鋭機材に安く、しかもシンガポール航空で行けるとの事でムフフな旅でした。

そして、今回は修行も兼ねて・・。

 

出発前には、しっかりPriority pass を使い、ぼてじゅうでお好み焼き一式を頂いてからの搭乗です!

関空の場合、航空会社ラウンジにシャワーがあるわけでもないので、ぼてじゅうで食べて乗るのがオススメ。

 

以前乗った昼便

f:id:travet:20180808084841j:plain

さて、787-10とご対面です!となるところですが、乗るのは夜行便。

さっさと寝たいゾンビ状態の旅客でゲート前は独特の雰囲気。そして、別に窓の外を見ても大した機材が見えません。よって、テンションが上がるわけでもなく・・・。

座席はどーなのよ??

エコノミークラスとしては、ほぼ最高峰の完成度を誇ると思います。

大型画面、手元にはUSBポート、足元にはコンセント、カップホルダーに2段階折り畳みテーブルに、、

至れり尽くせり。

f:id:travet:20180808090259j:plain

f:id:travet:20180808090331j:plain

 

足元も結構余裕。

f:id:travet:20180808090437j:plain

 

座席回りもシンプルに見えながら、高機能がギュっと詰め込まれている。

画面サイズはSQのA350よりもやや小さめながら、座りこごちはこちらの方が好き。

f:id:travet:20180808090559j:plain

 

画面下には、USB充電しつつスマホ等が入る小物入れ、足元はコンセントと、「あえてフットレストを無くし広く取った」と謳い文句の足元空間。

本当に余裕です。

f:id:travet:20180808090742j:plain

 

非常口席と前が壁の席以外は、「ほぼどの席に座っても遜色無い」ですが、

そのほかに特徴ある席として、後方側の席があります。

 

f:id:travet:20180808085243j:plain

 

74、75のHとK まず、エコノミークラス2列しかないペアシート。

特にK側は、機体のお尻絞りの関係で、窓側に席0.5個分の空地が存在します。

広めな窓側席なので、狭い機内でゆとりが生まれます。

 

そして、73-K フルリク余裕な窓側席

後ろにその空地があるため、フルリクライニングを気兼ねなくすることが出来ます。

 

最後におまけで、74-G フルリク余裕!な通路側席

おまけです、おまけ。前方にもありますけど。

後ろが壁で通路側なので、快適ルンルンフルリクライニング♪

え、D側はって? 条件同じに見えますが・・・。

実はこのDと通路を挟んだ所(73-ABCの背もたれ後ろ)に、CAの荷物収納庫があり、そこを頻繁に開け閉めされます。

よって、不快です。

 

それ以外はお好みで席を選んでも、外れ席はあまりありません。

また、後方側席やトイレに近い席を選ぶと、人通りが多くバキューム音がスゲー聞こえてきます。

「ブッショオオオオオオオオオオオオオオォォォォ」

 

比較的空く事や、フラっとギャレーに行って食い物飲み物を漁りに行ける後方側の席が好きな自分ですが、前方席Loveなレポはまた別の時に。

はい、何事も最後は個人のお好みです。はい。

 

お待ちかね機内食

SIN修行を繰り返している人ならわかると思います。

”朝食の機内食はマズイ。別にどってことない。むしろ食わないから寝かせてくれ”

 

日本の過去の物となったとあるオンリーワン5☆エアラインでは、

とりあえず起床後すぐに炭水化物攻撃。

付け合わせのロールパンに、メインはパンケーキ

味のしないウインナーとメロンなどの拷問・・

その後ロールパンだけ食って、眠いよ眠いよあうあうぁ状態でいると、

ロールパンおかわりいかがですか?(ニコッ)」と、

ファイブスターエアラインならでわの追加ジャブをお見舞いされるのであった。 

 

話を戻します。

深夜便なので、水平飛行後は、サービスメニュー、ホットタオル、スナック配布、続いてドリンク

その後放置プレイとサービスが続きます。

ドリンクは、カートでやってこず、トレイにジュースを並べた状態でエコの百数十名分を用意しては配っての行ったり来たり。

呑みたい物があれば遠慮なく言いましょうw

エコでも出してくれるシンガポールスリングは旨いよね、、

ビールごくごく逝きたいね。

クリスワールドで音楽でも聴きながらウイスキーをロックで・・。

ジュースに騙されて寝てしまっては・・。SQに乗る意味が( ^ω^)・・・

 

そして 着陸2時間前

787ご自慢のLED照明がゆったりと機内を照らし、朝ごはんタイム。

またホットタオル。

 

KIX-SIN ナシレマっ

おおう、エアアジアのナシレマとは違ってなんて上品なんだ!!

海老が入ってるよ海老が!!!

f:id:travet:20180808091528j:plain

 

SIN-KIX オムレツっ

魚の照り焼きと悩んだけどオムレツ。

見た目大したことないですが、

中にチーズ  トロッとろ!!!!!

f:id:travet:20180808091808j:plain

 

他社のCならプレートだけ陶器で出されても全くわからないレベル。

いや、朝食かつYでこんなまともな飯を出してくれるとは思わなかった。SQすげェ。

エコノミー何処乗っても一緒でしょ?と思っていっつもエアチャイナばっか乗ってた。

まあレカロのシートだから悪くないんだけど。

クッソぬるい青島ビール飲んで、愛想のないCA、機内動きまくる人民たち。

 

 

いや、SQ やっぱすげぇよ。

動き回るって事をしないだけで、

乗ってる乗客もスカイトラックスファイブスター!!

 

おしまい ☆