とらべと

旅から旅へ

シンガポール航空 787-10 ビジネスクラス搭乗レポ KIX-SIN SQ619

シンガポール航空 787-10 ビジネスクラス搭乗レポート

KIX-SIN SQ619 

ちょっとだけ、帰りのSIN-KIX SQ618

前の記事に続き、エコノミークラス搭乗レポに先立って、ビジネスクラスに乗っていた分のレポートです。

関西空港からシンガポールまで、シンガポール航空は全便2018年に新規導入した787-10型機で運行を行っています。

また、一部繁忙期に限って、A380に機材変更されています。

 

シンガポール航空内で、787-10型の位置づけは、「短・中距離にも上質なサービスを提供する為の機材」との事です。

ビジネスクラスは全席通路アクセス、スタッガード配列でフルフラット。

もう、この時点で短、中距離向け機材じゃないような・・。

エコノミークラスも、全席シートモニター、USBポート、コンセント、座席枕完備。

すごい。。

 

そんな、最新のビジネスクラスに乗る機会がありましたので、ご紹介します。

乗る!

787-10機体を前から

いい面構えですね。昼便なのでテンションあげあげ!

f:id:travet:20180811022330j:plain

スタッガード配列のビジネスクラスキャビン 

ジグザグ配列が美しい。

f:id:travet:20180811025824j:plain

座席とご対面!!

こちらは窓側のソロシートです。

f:id:travet:20180811025952j:plain

 ビジネスクラスの最前方席

今回は11-D。座席番号は11番スタートです。

この機材、最前列のみ足元の収納箱wが広い!フルフラットにしたときに違いがはっきり出ます。

画面下に、大型テーブルが収納されています。

f:id:travet:20180811022841j:plain

 座席回り

 肩の後ろに、収納ボックスがあり、ヘッドホン・コンセント・USBポートがコンパクトに収められています。

f:id:travet:20180811030440j:plain

ミニテーブルの下には、座席操作パネル。

タッチパネル式になっていて、普段は消えたり触ると光ったり。

その下には、アミューズメントシステムのコントローラー。PSPみたいな感じ。

これ、Androidで動いてるんですね。

f:id:travet:20180811030326j:plain

 

そして機内食!!

シンガポール航空は、機内食の事前オーダーサービス 「ブックザクック」を導入していますが、関空発便では、アレルギー等特別食への変更しか出来ません。

乗ってから、「お勧め菊乃井の和食」をチョイス。

 

和食だろうがなんだろうが、まずは黙ってこれを食え!サテー。

 

f:id:travet:20180811030840j:plain

続いて日本酒。いや、美しい・・・。

f:id:travet:20180811031012j:plain

お待ちかね 菊乃井スタートです。

白が合うと言うので、言われるがまま注いでもらう。

「え、こんだけかよ!!プレミアムクラスじゃねーんだから!」と言いたくなりつつ

食い終わってしまい・・・

f:id:travet:20180811031206j:plain

お味はいかがでしたか?メインをお持ちいたしました。

キターーーーーーーーーーー

f:id:travet:20180811031516j:plain

 ホックホク 787だから酔わないぜ!!

と、高をくくっていたら、酔ってたw〆です〆。気が付くと台湾上空。

「シンガポールまでの所要時間 3:17」 へ???!シンガポール近すぎじゃね?!

f:id:travet:20180811031721j:plain

ゴロゴロ横になりながら映画みーのほろ酔いでいい気分~

「〇〇様、冷たいカプチーノなどいかがでしょうか?」

?!!! オ、ネ、ガ、ィ、、シマスゥ。。

なんなんだこの・・・。言葉にならない。

シンガポール航空は、illyのコーヒーをサーブしてくれる。美味し。ネスプレッソで十分なんすけど。

f:id:travet:20180811032035j:plain

 

ついでに 帰りのシンガポールから帰りの便の機内食も。

帰りはブックザクック、ネット界隈一押しの「ロブスターテルミドール」を迷わずオーダー。

f:id:travet:20180811032300j:plain

f:id:travet:20180811032336j:plain

 

呑んで食って寝て、家畜のごとくシンガポールへ出荷されました。

 

おしまい