とらべと

旅から旅へ

ザ・ウェスティンリゾートルスツのスイートルームに泊まってみた

The Westin Rusutsu Resortへ行ってきました。

 

プラチナチャレンジ達成後の宿泊となりました。

ルスツリゾートと言う、山に囲まれたスキー場と遊園地をメインとした場所で、昔は修学旅行の立ち寄り宿として、名前だけはだれでもしってるけどまあ、、詰め込みだよね的な所。

 

その中の、お金をかけて建てたタワー棟が、ウェスティンホテルとして生まれ変わりました。 

 このホテル、何を隠そう誰でもスイートルームに泊まる事が出来るのです・・。

 

北海道の札幌より若干下寄り、札幌市内中心部から1時間ちょっとでたどり着きます。

 

行った

公式サイトからの予約なので、北海道ふっこう割なんて都合のいいもんは使えません。

かといって、せっかくマリオットプラチナの特典をみすみす捨てるわけには・・。てなわけで公式から予約。

 

値段がヤバい

ラグジュアリーコレクションじゃないのに・・

なんなんだこの価格・・・。

f:id:travet:20181208183143j:plain

今回は、宿泊したのは10月末。スキー場もオープンしておらず、観光にはちょうど閑散期にあたるシーズン。

1泊17000円程で泊まることが出来ました。閑散期万歳!

年越し23万円・・・?!いやいやいやいや。

 

北海道すげェ

車を走らせてると目に飛び込んでくる景色が衝撃的な訳ですよ。

これが現地の人にとっちゃ普通なんですけど、こんな日常幸せじゃないんですか・・。

f:id:travet:20181208183850j:plain

 

ホテルに着いた

駐車場広すぎ。すっげー広い。

車寄せに止めて荷物降ろして車もどすともどってくるの嫌になる位広い。

f:id:travet:20181208184215j:plain

 

f:id:travet:20181208185303j:plain

ウェスティンとは思えない質素なエントランス。

周りの景色との溶け込みを考えて、あえてこうしているのか・・。奥深い。

 

f:id:travet:20181208185436j:plain

景色との溶け込みすごくいいですね。綺麗!

右手前にある廊下みたいのは、メイン棟とを行き来するモノレール乗り場。

とにかくこのルスツ自体広い。

 

f:id:travet:20181208185616j:plain

別角度から。

ロビーと宿泊のタワーが別れているのがわかります。

 

f:id:travet:20181208185735j:plain

ロビー棟だけ。景色との溶け込みがうまいですね。

遥か後ろに遊園地が見えます。もちろん冬場は休園。

 

ロビー!

今回疲れていてラウンジ、レストラン、大浴場等全く写真撮る気力がありませんでしたw

とりあえずロビーです。

天井が高く取られ、採光が綺麗です。

 

f:id:travet:20181208190212j:plain

 

f:id:travet:20181208185946j:plain

カフェの入り口。このカフェで、プラチナ会員は営業時間中ラウンジ替わりに使う事が出来ます。

いつでも軽食やドリンクを頂けるのでとてもいいですね。

カクテルタイムは、それにアルコールが増えます。

 

f:id:travet:20181208190020j:plain

上から。

カフェの隣にはオールでイダイニングが。基本、ビュッフェがメインです。

 

スイートルーム!

スイートに泊まってみた、ですがこのホテルのぶっ飛んだ所

全室メゾネットスイートルーム

です。。

バブル期の設計なのか、随所にある余裕の空間と作り。

某女社長の有名なホテルに比べ、余裕の貫禄。

今回は、その中でもこのホテルで1番広い上層階スイートルームに宿泊することが出来ました。

*公式サイトより

 

f:id:travet:20181208190533j:plain

5シングルベッドルーム・・。

しかしまだまだ。リビングに2個収納ベッドがあり、合計7個

まだまだ。ウェスティン仕様なので、1ベッド2名までOK

という事はこの部屋は・・・14人宿泊可能・・。

14人!

エントランス

f:id:travet:20181208190731j:plain

余裕の設計とか書いておきながら、エントランスは狭い。すげー狭い。スーツケース有ったら一応この右の手すりの所に、2個くらいまでは置けます。

 

メゾネット

f:id:travet:20181208190847j:plain

上から見下ろす。部屋の中に階段があるだけでワクワク度あげあげーー

 

リビング

リビング!!ホテルの部屋でリビングかよ

f:id:travet:20181208191028j:plain

14人泊まれる部屋ながら、椅子は少な目。キッチンも見えますけど、コンロが無いので実質料理不可。一応お皿とかはたくさん入ってます。

 

f:id:travet:20181208191145j:plain

少し横、大きなテレビがあって、まったり見れますね。

 

ティーセット

f:id:travet:20181208191248j:plain

特別高級感のある物ではないですが、ドリップコーヒーが頂けるのは嬉しいです。

 

ウェットエリア

スイートルームなので、洗面台は2個。

f:id:travet:20181208191353j:plain

 

f:id:travet:20181208191436j:plain

アメニティはきちんとウェスティン標準ですね。

 

f:id:travet:20181208191518j:plain

お風呂。

急に90年代臭が・・・。

普通にお風呂なんで、いいんですけど、もっとこう・・改装してほしかった。

でも、巨大な大浴場があるのでそっち使いました。

f:id:travet:20181208191623j:plain

トイレ。

ウォシュレット付きのいたったふつーのトイレ。

 

ベッドルーム

この部屋、寝室が2個あります。

3個ベッドがある部屋と、2個ある部屋。作りは基本一緒です。

f:id:travet:20181208191757j:plain

ここは上階の寝室。

ヘブンリーベッドだらけ!! むっはー( ゚∀゚)=3

  

f:id:travet:20181208191848j:plain

上の階でもテレビとデスク!トイレだけ下ね。

f:id:travet:20181208191955j:plain

ベッドサイド。

若干古身を感じますけどコンセントもあり、一応今風。

f:id:travet:20181208192105j:plain

ウェスティンアロマも置いてあり、いい香りが楽しめます

 

f:id:travet:20181208192144j:plain

こちらは下の階の2ベッドルーム。基本一緒です♪

f:id:travet:20181208192554j:plain

夜になると部屋の灯りが雰囲気を良くしてくれます。

 

部屋からの眺め

目の前がルスツリゾートです。

白い細長い建物が、ルスツリゾートホテル。後ろはスキー場と遊園地。

このウェスティン側の後ろには更に大きいスキー場が存在します。

f:id:travet:20181208192252j:plain

f:id:travet:20181208192442j:plain

横から。山山山・・。

こんな場所によくリゾート作ったな・・。

 

どうよ?

北海道の中では老舗のリゾート、ルスツ。

そこがウェスティンだぁ~?えーーと思いつつ行ってみたけど大満足。

今回は疲れはてていて、ラウンジその他の写真がありません。。

大浴場も広く、サウナと水風呂もあり最高です。

ここに泊まると、反対側のルスツ棟の設備も使い放題です。

ピーク時は値段が一気に跳ね上がる上混雑もすごいとの事なので、シーズンを外した時に行くとゆっくり楽しめるかもしれません。

ニセコエリアがとんでもない人気になっていますが、ここはニセコより若干札幌寄りなのでアクセスも良く、かつ雪質もニセコとほぼ同じとの事ですので、冬場は人気があるのもわかります。

また、ニセコ周辺はデペロッパーがたくさんありますが、ルスツリゾートはここだけで管理運営されているので、落ち着いて当然かな、と言う感じ。

 

朝、早起きをして散歩をするとこんな風景に簡単に出会う事が出来ます。

f:id:travet:20181208193119j:plain

f:id:travet:20181208193207j:plain

 

おしまい♪